若手学会員のための実践研究奨励賞

日本病院・地域精神医学会における若手学会員のための実践・研究奨励賞および奨励給付金に関する規程

  • 日本病院・地域精神医学会は、若手学会員に対して実践・研究活動の促進・向上を図るために、奨励賞および奨励給付の規程を設ける。
  • 本規程の対象は、本学会員であり、満40歳未満の個人および満40歳未満の者を半数以上とする研究グループとする。
  • 所定の書式による実践・研究活動奨励給付金申請書および所定の選考手続きを経て選考された実践・研究活動に対し、本学会は1件20万円の奨励金給付を行う。給付対象になる実践・研究は、各年度において2件以内とする。
  • 選考され奨励金給付を受けた実践・研究活動の期間は、本規程上では2年間とする。奨励金給付を受けた者またはグループは、給付を受けた日から2年以内に研究を終了し、その成果を学会総会で発表し学会誌に投稿しなければならない。
  • 第3条にかかる選考手続きのために、選考委員会を設ける。選考委員会は、当分の間本学会理事会がこれを兼ねる。
  • 奨励金給付申請については、所定の書式(1)により、学会長宛に学会事務局に提出するものとする。申請期間は毎年、4月1日から5月30日までとする。
  • 奨励金の給付を受けた者またはグループは、給付から2年を超えた時点で、所定の書式(2)により支出報告を行わなければならない。
  • 本規程は、2017年1月1日から発効する。この規程の改廃は、理事会の審議を経て総会において行う。

以上

附則 2020年5月24日 一部改正

日本病院・地域精神医学会における若手学会員のための実践・研究奨励賞および奨励給付金の運用、実施に関する細則

  1. 申請期間:4月1日~5月30日
  2. 審査期間:6月1日~6月30日
  3. 理事会承認:7月1日~7月30日
  4. 給付金支給:8月1日
  5. 研究期間:8月1日~翌々年7月31日
  6. 研究発表:研究終了後の直近の学会の若手実践研究報告で発表し、その報告原稿と支出報告書(書式2)を提出する
  7. 学会誌掲載:研究論文報告として学会誌に投稿し、査読を経て学会誌に掲載される。(「病院地域精神医学誌投稿規定」を参照のこと。)
  8. 選考委員は選挙ごとに決定する。

日本病院・地域精神医学会若手会員実践活動研究費 研究計画書(申請書)